身近な自然とそこに生きる命を撮影しています


by まなめ

鬼の舌震

鬼の舌震は、斐伊川の支流・大馬木川が作り出した渓谷で、全長約2kmにおよぶ切り立った断崖です。巨大な岩があちこちで重なりあってかなりの迫力でした。(島根県奥出雲町)
もみじが少なかった気がしますが、紅葉はきれいでした。
f0147858_14303746.jpg

うわぁーきれい・・
f0147858_14313260.jpg

喜びすぎて人に笑われてしまいましたε~(;@_@) ガクン
久々の5時起きでハイテンションでしたね・・
f0147858_1435722.jpg

くるくる・・・葉っぱじゃないけど
f0147858_1436367.jpg

ゴジラの背中が紅葉してます
f0147858_14383384.jpg

f0147858_14392969.jpg

切り立った絶壁にへばりつくように歩道があります・・高さ80mあるそうです
f0147858_14412921.jpg

舌震橋・・・高所恐怖症のため、この吊橋は渡れませんでした。
思わぬ弱点(笑)
「ありゃぁ、熊もおそれんのに・・高いところがいけんのじゃね」

起伏が激しく、空中を歩くような高い散策道を往復で4km近く歩いて、夏のように汗が流れました。良い運動になりました。
[PR]
by sizeninoti | 2008-11-12 14:56 | 風景