身近な自然とそこに生きる命を撮影しています


by まなめ

タグ:オオバン ( 4 ) タグの人気記事

目に留まりにくい鳥

f0147858_13502681.jpg
ここは島根県の大根島です。
島の周囲は12キロ、中海に浮かぶ小さな島です^^
牡丹や高麗人参、日本庭園などが有名ですが、私の場合はどんな野鳥がいるのか興味があります。
f0147858_13505031.jpg
漁港の入江付近にたくさんのカモ類がいました。
ざっと手帳に記入したのですが、オオバンがかなり多くて、コガモ、オナガガモ、ハジロカイツブリ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カルガモなど・・
オオバンは真っ黒で悪天候だとかなり見えにくい鳥です。そしてハジロカイツブリは小さくて、すぐにもぐってしまうのでかなり目に留まりにくい鳥です。この写真も、シルエットしか見えない状態でしたが、感度をあげて撮影すると赤い目が見えました。野鳥が多そうですよ^^
お天気のよい日にもう一度、大根島をゆっくり散策してみたいと思いました。
f0147858_13511872.jpg
こちらはタゲリ。
出雲平野でマガンを探すとき、タゲリがよくいる場所があります。そこを車で通過するときは、しっかり目を凝らして見ていないと見逃してしまいそうになります。
f0147858_13513562.jpg
f0147858_1351508.jpg
いてくれてありがとう~
この日は、この田んぼのあちこちに20羽くらい確認できました。
[PR]
by sizeninoti | 2013-01-05 14:19 | 野鳥

きらら浜

f0147858_20453688.jpg

チョウゲンボウ
f0147858_20552573.jpg

f0147858_20554528.jpg

オオバン
f0147858_20521016.jpg

タゲリ
私が行きたかった山口県のきらら浜、天気が良かったからか・・夫が連れて行ってくれました^^
きらら浜周辺には野鳥が多く、猛禽も多いので・・・行くと何かに出会えます。

きらら浜から帰りには必ず防府によって帰ります
今日は山口のWandererさんにいただいた情報も・・楽しみでした^^
マナヅルが2羽、飛来しているとのことでした
マナヅルは鹿児島の出水では約2000羽が越冬するそうですが、その他の地域で見られることはとてもまれなのです。
f0147858_2058574.jpg

かなり遠くからですが・・トリミングしてなんとか
近所の方のお話しでは、5日ほど前くらいから見られるようになったそうです。
一羽が足にけがをしているようだと・・・

ツルのつがいは生涯連れそうと言われています。
傷が癒えて、また二羽で旅を続けられることを祈ります。
[PR]
by sizeninoti | 2009-11-23 21:21 | 野鳥

メッセージ

今日は寒気の影響で寒い一日となりました
まだまだストーブのお世話になっています
外は風が冷たく、咲いている桜の木を撮影しようと車を降りると・・
早く撮って車に戻ろうという気持ちの方が強くなりますね(笑)

今日は出雲平野で出会った野鳥たちです
今回はなんとなくですが、何かのメッセージを受け取ったような気がしています
f0147858_19301860.jpg

これはキジ、美しい羽根ですね
身を隠すときは猫のように姿勢を低くして草の中に隠れることができるのです
f0147858_19493325.jpg

着地しましたよ

f0147858_19515524.jpg

これはキジの雌が身を隠そうとしているところです
これじゃあ、見えないですよね

f0147858_19544578.jpg

ヒバリのホバリングを撮ってみました
黒い点ですね^^; かなりトリミングしています
f0147858_19543695.jpg

ホバリングしながら上空でやかましいくらいにさえずりますが
地面にもおりて鳴いたりもします
f0147858_19561283.jpg

上手いこと草の陰にかくれますね

f0147858_1957468.jpg

農業用水路のカルガモとオオバン

f0147858_19575176.jpg

宍道湖をバックにヨシにとまるカワラヒワ
ヨシ原は水を浄化することで知られています

f0147858_2021976.jpg

オオジュリンはガマの穂?を食べていました

f0147858_2013404.jpg

最後は本日撮影の桜です^^ 

写真の枚数が多すぎましたね ウゥ (-_\)すみません
[PR]
by sizeninoti | 2009-03-25 20:17 | 野鳥

冠をかぶったカイツブリ

今日で最後のときわ湖の鳥たちです。
飼育されている鳥たちのほかに・・・
みんなの集まりから離れた場所でひっそり泳いでいた冬鳥たちがいました。
久しぶりに見れて嬉しい鳥
カンムリカイツブリ、河口などで群れをつくって泳いでいるのを遠くからみたことはあります。
カイツブリの仲間の中では一番大きなカイツブリです。カイツブリは他の水鳥たちに比べて潜水時間が長いのが特徴です。カンムリカイツブリは50秒は潜水していることができるそうです。
魚を捕って食べます。湖・川・海にもいることがあります。
f0147858_16522253.jpg

もう、夏羽に替わっています。赤茶色の頬の飾り羽が少しありますね・・・

f0147858_16541480.jpg

これは2006年に撮影した冬の日本海のカンムリカイツブリです。これが冬羽です。
激しい波で何度も姿が見えなくなりましたが、全然大丈夫^^平気で潜水を続けていました。
風が冷たく、砂も飛んでくるので車の中に逃げ込み、まともな写真が撮れませんでした

f0147858_16593962.jpg

こんなところにいたのね~~ハシビロガモ!

f0147858_1704781.jpg

オオバンの大群が遠くに見えました

f0147858_1735559.jpg

最後のご挨拶、コブハクチョウの登場です。
日本中の動物園や公園にいるコブハクチョウのほとんどは、ときわ公園の出身だそうです。
いつか、宍道湖の周辺の小さな川にいたコブハクチョウの親子もそうなのでしょうか・・

これで撮影しましたときわ湖の鳥達のほとんどを見ていただきました~~もう、ありましぇん^^
ありがとうございました。
[PR]
by sizeninoti | 2009-02-13 17:17 | 野鳥