身近な自然とそこに生きる命を撮影しています


by まなめ

タグ:コヨシキリ ( 1 ) タグの人気記事

コヨシキリ

広島では見ることが難しいコヨシキリ・・・見たい!!
北海道では夏鳥として平地で見られるコヨシキリです。
guguさんにコヨシキリ、ノビタキ、それにノゴマがいたという場所に連れて行ってもらいました。
その場所は、はじめて北海道へguguさんを訪ねて行った数年前にも行った懐かしい場所でした。
いましたよ~~っていうか・・いてくれました。
一生懸命にさえずっているので構図を考える余裕も少しもらえます(笑)
f0147858_11483231.jpg

ツツドリやカッコウの鳴き声がしています。
それには理由がありました。
彼らは草原性のノビタキやウグイス、オオヨシキリ、コヨシキリなどの巣に「托卵」する鳥なのです。ツツドリやカッコウにはそれをしなければならない理由が何かあるに違いない・・・
まさか~~「子育てなんて、めんどくさいじゃん」なんてことはないはずです。
f0147858_1211895.jpg

調べてみたら、なんとなくですが分りました。
ツツドリやカッコウは体温を一定に保つことが難しいため、卵を温めて孵化させることができないのだそうです。ちょっと長くなりますけど・・
いろいろな条件(卵の大きさ・餌など)をクリアする相手を見つけます。卵から雛が孵る時期は托卵された鳥よりも早くて卵から出てきたら早い段階で他の卵を背中にのせて巣の外に押し出してしまいます。普通の鳥は卵を産む所要時間が20分以上かかるのにたいして、ツツドリやカッコウはたったの10秒で卵を産むそうです。
f0147858_1218355.jpg

北海道の沿岸沿いにある原生花園には草原性の野鳥が多く生息していて繁殖もしています。そこにはハマナスやエゾカンゾウやセリ科のシシウド的な花が咲いています。
北海道でも開発や草刈などの理由で草原性の鳥が減少しているそうですが、そうなるとツツドリやカッコウも育たなくなり、いなくなってしまうかもしれないのです。
f0147858_13344194.jpg

ハマナス

昨年、北海道で「原生花園の野鳥」という写真集を買いました。ハマナスなどの美しい花と野鳥たちの美しい写真ばかりです。ノゴマには会えなかったけど、次回の楽しみができました^^
[PR]
by sizeninoti | 2008-06-11 12:32 | 野鳥