身近な自然とそこに生きる命を撮影しています


by まなめ

タグ:トラマルハナバチ ( 3 ) タグの人気記事

ムラサキツメクサは牧草用の外来種、トラマルハナバチはアジアの固有種で最近は数がかなり減っているそうです。はじめての出逢いは芸北でアザミの花に来ていたのを撮影したことからでした。
図鑑やネットでいろいろ調べていくと蜂にもキバチ、ヤドリバチ、ツチバチ、スズメバチ、アナバチ、ハナバチなどのグループがあって、ハナバチの特徴はまるっこくて毛深い・・・(ー’`ー;) フーム
f0147858_17371795.jpg

もっと・・きれいに撮れるはずですが
蜂の仲間ではハナバチが好きですね~その中にはクマバチも含まれていますが、ハナバチは攻撃性は弱く何もしなければ襲って来ることはないので、そっと・・・・撮影してみてくださいね^^
今日は90㎜マクロで撮影してみました。昆虫を撮るのははじめてです。
f0147858_1741069.jpg

ムラサキツメクサがきれいでした
f0147858_1742390.jpg

うわぁ~~近づきすぎてますね・・・(^-^;A
私のレンズの最短撮影距離は29cmです。
f0147858_18115132.jpg

これは残念な写真です。なかなかきれいじゃない~って撮ってみたらこうでした(>_<)

撮影はすべてマニュアルですが、反射神経がにぶいのでこういう一瞬のチャンスは逃がしてしまいます^^;
生き物は、被写体を決めたらなんでもいいから3秒以内でフォーカスを合わせて撮影する・・・真っ白な写真が撮れます(笑)
[PR]
by sizeninoti | 2009-07-02 18:24 | その他昆虫

トラマルハナバチ

アザミの花には蜜を吸いにたくさんの昆虫がやって来ますね
わたしの中でアザミの絶好の撮影ポイントがありました。たくさんの蝶が来ていたのです。
キアゲハ、カラスアゲハ、セセリチョウ、ヒョウモンチョウなどなど・・
楽しみに出かけましたが、昨年は早々に刈り取られていて、今年はアザミよりはヒメジョンが勢力を増大させていました。
アザミの花を見つけてやっと撮影できた昆虫たちです。
f0147858_17234566.jpg

トラマルハナバチ 絶滅危惧種のサクラソウにとってはいてくれなければ困るハチなのだそうです。

f0147858_17252672.jpg

たぶん、オオチャバネセセリ

f0147858_1726149.jpg

昔とった杵柄・・ではなく、昔撮ったキアゲハ(2006年)
給油中の飛行機みたいですね~~

f0147858_17304619.jpg

ウラギンヒョウモン

アザミにやってくる蝶や昆虫は争奪戦もくりひろげてます。まだまだこんなものでは無いのですよ~~もともと変なおばさんですけど・・これはやめられませ~ん。

※今年はまだ蝶が少ない気がします。いつでも良く見るカラスアゲハも少ないです。
  羽化の時期が遅れているのかもしれませんね。
[PR]
by sizeninoti | 2008-06-26 17:36 | その他昆虫

ハナバチ

からだやあしに長い毛がある
ハナバチの仲間は花の蜜や花粉を集めて幼虫の餌としています。ですから、からだに花粉がつきやすく、集めやすいように毛がはえているのです・・なるほど。
これはトラマルハナバチです。先週撮ったものですが、後ろあしを見てください!体についた花粉を集めて蓄えているのです。
植物はこうやって、昆虫たちに蜜を与える変わりに受粉を助けてもらっているんですね・・それぞれの「種の保存」のために必死に生きているのです。素晴らしいですね
f0147858_1459637.jpg

ムクゲの花に出たり入ったりしていたハナバチの仲間です。
f0147858_1527221.jpg

[PR]
by sizeninoti | 2007-07-25 15:32 | その他昆虫