身近な自然とそこに生きる命を撮影しています


by まなめ

タグ:ホウロクシギ ( 4 ) タグの人気記事

ミヤコドリ

和白干潟はミヤコドリの飛来地として有名です
図鑑には「赤いくちばし、白黒の体、飛ぶと白い帯が出る」とあります。
似ている鳥は他にはいないので見間違うことがありませんね^^
ミヤコドリに会うには千葉県か九州まで行かなくてはいけないので
毎年会うのは・・・無理です(笑)
f0147858_13483276.jpg

遠かったけれど、なんとか撮れました
f0147858_1349129.jpg

二枚貝が好物で、くちばしは縦に扁平で貝殻をこじ開けたり (2006年撮影)
岩に張り付いた貝をはがすのに良い形になっているそうです。
ドライバーみたいな感じでしょうか^^;

f0147858_14273917.jpg

「グジッ!」こちらはホウロクシギ
凄いですねー 砂の穴に口ばしを差し込んでカニを捕らえて食べます

f0147858_14314228.jpg

歩いて移動もしますが、低く飛んで餌場を移動します

マリンワールドの写真です
f0147858_1574499.jpg

光のトンネル&くらげ

ヤマガラの巣作り記録「やまがら日誌」をつけてみます^^

やまがら日誌はこちらから
[PR]
by sizeninoti | 2009-04-07 15:14 | 野鳥

博多湾

土曜日、雨の中を福岡の和白干潟を目指して出かけました。
到着してもずっと雨でしたから、干潟へは行かず「海の中道公園」のマリンワールドへ行きました。
水族館の水槽の中の魚を撮影してみたくて頑張ってみました。
ISOを800、F3.5、SSはようすを見ながら変えて撮りました。
f0147858_22295763.jpg

こんな感じです

夕方、雨がやみましたので
早速干潟へ行きました
いきなり、クロツラヘラサギ!! 初めて見ました~~これはかなり嬉しいです^^
f0147858_2232371.jpg

冬にみられる鳥ですが、まだいてくれました
和白干潟には、レッドリストで絶滅が心配されているクロツラヘラサギやホウロクシギ、コアジサシなどの貴重な鳥が飛来してきます。

f0147858_2234562.jpg


f0147858_22351774.jpg

しかもこんなにたくさん

f0147858_2236234.jpg

ホウロクシギも・・長い口ばしを砂の中に入れて餌をとります

今回、観察できた野鳥たちは
ミヤコドリ、ホウロクシギ、クロツラヘラサギ、オナガガモ、スグロカモメ、ソリハシシギ、ツクシガモ、マガモ、ヨシガモ、カワセミ、コチドリなどなど
撮影できたのはほんの一部ですが、マリンワールドのお魚の写真と一緒に更新していきます。
しばらくお付合いよろしくお願いします。
f0147858_22495139.jpg

[PR]
by sizeninoti | 2009-04-05 22:51 | 野鳥

曽根干潟

九州の曽根干潟で2007年に撮影したホウロクシギの写真、整理していたら未公開の写真がありました。
今週は一度も写真を撮っていないので、今日はその写真をアップすることにしました。
曽根干潟は渡り鳥の十字路と呼ばれています。
秋にはシベリアや中国からの冬鳥が、春には南半球からの旅鳥が渡って来るのです。
前の年に和白干潟でミヤコドリに逢えたので曽根干潟でもきっと初めての出会いがあるはずと
ワクワクしていましたが・・・雨は降りだすし、干潟には鳥がほとんどいないという・・
「は、話が違います」みたいな・・ショックな状況でした。
夕方になって、潮が少し満ちて来た頃に・・やっとホウロクシギが近くへやって来ました。

f0147858_15195861.jpg

この時に撮った別の飛翔写真は2008年「美しき自然」で展示することになりました・・
思い出の曽根干潟です。 な~んちゃって(以下は追記)
ほんとは同行した夫が私に話しかけたために飛ばれてしまって運良く撮れました~(^Д^~) ブヒ

f0147858_15244513.jpg

くちばしが長いです
長い口ばしを(/o^)/D======∋-(ーーllllll;)→グサッっと砂に突き刺して
それから口ばしを中心にして尾を上に向けたままグルグル回り、蟹を捕って食べるのです。

f0147858_15261863.jpg

コサギちゃんと比べてもこんなに大きいです。

ホウロクシギとダイシャクシギは見た目もそっくりですが
見分け方はお腹の色です。
ホウロクシギは褐色でダイシャクシギはお腹や翼の下が白いのです。
そういえば、私はまだダイシャクシギには会った事がないですね
今年の春、秋にはまたシギたちに会いに出かけて行きたいと思います。
[PR]
by sizeninoti | 2009-02-27 15:41 | 野鳥

ホウロクシギ

北九州の曽根干潟へ行って来ました。
かなり久しぶりの遠征です。昨年は和白干潟へ「ミヤコドリ」を見に行って来たので、今年もかなり期待して出かけましたが・・あいにくの雨模様のお天気もあり、あまりたくさんの野鳥には会えませんでした。
曽根干潟は世界的にも重要な野鳥の生息地でもあります。絶滅危惧種の生息地でもあるからです。干潟はいろいろな生物のおかげで水を浄化しているのだそうです。
夕方、到着して下見に行きました。ホウロクシギが遠くにいましたが、潮が満ちてくると少しずつこちらにやって来てくれました。
f0147858_22362423.jpg

↑クリックすると大きめの画像です。
f0147858_22133878.jpg

くちばしが長いのが特徴です。コサギの大きさと比べても大きいですね・・シギ類の中では一番の大きさです。カニを取るのが得意です。
f0147858_22143867.jpg

シベリア東南部で局地的に繁殖し、日本には旅鳥として渡来します。
レッドデータブック 絶滅危惧Ⅱ類
[PR]
by sizeninoti | 2007-09-24 22:24 | 野鳥