身近な自然とそこに生きる命を撮影しています


by まなめ

三瓶山

f0147858_17452040.jpg

三瓶自然館と三瓶山の間にあります「姫逃池」です
ここは男三瓶山がうつり込むのが特に素敵なのです

f0147858_17455082.jpg

姫逃池

f0147858_17461770.jpg

登山道姫逃池コースの自然林 650m付近まで登ってみました

f0147858_17463388.jpg

これは・・アケビの花ですね

f0147858_1747221.jpg

西の原へやって来ました 手前の広場では家族でレジャーを楽しむ人たちがいます
登山口付近まで歩きましたが、ほとんど人に会いませんでした。
男三瓶(左)と子三瓶です。

f0147858_1811193.jpg

西の原からの眺め・・遥かかなたに見える山々もきれいです

f0147858_1747139.jpg

やっと見つけたオキナグサ・・・午後3時過ぎ、少し涼しくなって来ました
ひとりでの撮影は意識していないと休憩を取ることも忘れてしまいます
何度か「どこかに座ろう」って思うのですが(笑)
オキナグサの側の芝生広場でしばらく横たわって休憩しました。

また明日も続きます・・
[PR]
by sizeninoti | 2009-05-05 18:17 | 風景

三瓶山

f0147858_2042355.jpg

3月21日、三瓶山の春を告げる野焼きをはじめて見ることができました
三瓶で生まれたのに、一度も見たことがなかった野焼きです・・

f0147858_1720427.jpg

秋吉台の山焼きなどとは違って、観光客や見物人は少なく
市の職員さんやボランティアの人など約200人が見張る中で燃やされました

f0147858_17235659.jpg

この日はとても風が強かったです

f0147858_17243554.jpg


大分県で野焼きで事故があったばかりでしたし
慎重にゆっくりしたペースで着火・・ココが最後、もう夕方です。
離れていても熱かったです、風がこっちに吹いてくるので火が飛んで来ないかと恐かったです^^;

f0147858_17285331.jpg

黒い絨毯は午前中に焼かれたところです

三瓶は温泉はもちろん、湧水が豊富です
家の側の小川をノーファインダーで撮ってみました
f0147858_17315672.jpg

底の石は「三瓶岩」です、石の中に白い粒があるのが特徴です。


湧水を利用して父がワサビを育てています
ワサビの花が咲いていました^^
f0147858_20414592.jpg

[PR]
by sizeninoti | 2009-03-28 17:40 |

現の証拠

ゲンノショウコ、雨上がりに・・
f0147858_2274939.jpg

f0147858_228194.jpg

三瓶の庭に白いゲンノショウコも咲いていました。兄が廃材や裏山から切り出した木材で手作りのデッキを作りはじめています。週末にやって来てコツコツ作業しています。
お兄ちゃん黒板五郎さんみたい(笑)
そのデッキから見える庭を花畑にしたいとふっと・・思いました。
f0147858_2292836.jpg

庭でお茶を飲んでいたら私の手にもとまったウラギンシジミ
名前のとおり翅の裏は銀色というか白く見えます^^ 
三瓶でウラギンシジミを見るのは2度目です。嬉しいなぁ。
f0147858_2295939.jpg

[PR]
by sizeninoti | 2008-09-11 22:23 | 花の旅

カノコガ

蝶は美しくて優雅な感じですが、蛾はちょっと・・あまり・・と昔は思っていました。
でも今は蛾の中にも美しかったり、興味深かったり^^; 
凄いのはスキバホウジャク、ハチドリみたいに花の蜜をホバリングしながら吸っています。そしてこの前、近くにあるテニスコートのフェンスにオオミズアオがとまっていました。オオミズアオは薄い水色の・・・きれいな蛾です。苫小牧ではじめてオオミズアオを見てきれいなのに驚きました。
これはカノコガといいます。翅が鹿の子模様をしているからなのだそうです。ハチに擬態しているそうです。(_-_) ウーン・・ハチに見えますかね・・
f0147858_21204530.jpg

ツルボのつぼみにとまっていました。じっと動かないけれど命を感じました。
そして美しいですね。
f0147858_2144594.jpg

イチモンジセセリかな~?さかさまにぶら下がってます^^
「蝶ですけどなにか」って言ってるのでしょうか
f0147858_2149153.jpg

わたしは・・ジャノメチョウよって~(笑)翅のふちが丸っこくてブラウスの襟みたいです。
[PR]
by sizeninoti | 2008-09-09 21:52 | 花の旅

三瓶西の原

9月6日の午後2時頃、西の原。
三瓶で生まれたくせに・・あまり西の原には来ていないわたし。雄大な三瓶山を目の前に昔を思い出してみましょう・・・西の原は観光客で賑わっていました。牛の放牧、道路は牛優先があたりまえでした。
昨年の冬に西の原を歩こうとしたら風が非常に強くて前に進めない暴風ハイキングだったから、きっと風が吹き、涼しいに違いない^^ 
しかもお友達と一緒にハイキングです。
f0147858_2335142.jpg

はじめに目をひいたのはツリガネニンジンです。たくさん咲いていました。
f0147858_23301080.jpg

アキカラマツ
f0147858_2344716.jpg

ノブドウ・・とてもきれいですね
お天気は曇りなのにひどく蒸し暑かったです。登山口付近まで歩いてみました。
f0147858_2364934.jpg

シラヤマギクの背景、三瓶山の頂上が霧・・・青空は見えませんでした。
f0147858_2391922.jpg

ツユクサ・・・シングル
f0147858_2395097.jpg

ツユクサ・・デュエット

ハギ、オミナエシ、シラヤマギク、アキカラマツ、カワミドリなど秋の花がたくさん咲いていました。
暑かったけれど、久しぶりに楽しい時間でした。
[PR]
by sizeninoti | 2008-09-07 23:22 | 植物

三瓶にて

光ぼうは太陽の光と霧とさえぎるものがあってうまれると聞きました。そんな景色を今まで何も考えずに「きれいだな」って見てきた私にはちょっと驚きでした。
もっと自然を注意深く見ていかなくてはもったいないですね^^
f0147858_18521815.jpg

三瓶は朝晩は涼しく、そろそろ秋の気配が感じられるそうです。
はぁー・・いいですねぇ
こっちは暑いです。ブチ暑い(とても暑い)
夕べは集中豪雨でした。家の中はかなり蒸し暑くて眠れませんでした・・しかもオリンピック、夜は予選で、朝決勝ですからね(関係ないですね)
f0147858_19572676.jpg

ハナイカダです。阿蘇でも見たのですが撮りそこねていました・・
f0147858_19584525.jpg

ギボウシが咲いていました
f0147858_2035989.jpg

モノサシトンボ♂ きれいなトンボですね~トンボの撮影も難しいです^^
[PR]
by sizeninoti | 2008-08-14 20:07 | 花の旅

三瓶のたぬき

土曜日から三瓶に帰って来ました。裏山にたぬきが2匹いたのですが、5匹に増えたと聞いたのでもしかしたら子たぬきが見れるかも・・・とわくわくしました。週末にしか人の来ない家ですが、家の明かりがつくと残飯などをもらおうとやって来るようです。
すぐ裏の山に父達が作った丸太のデッキがあります。そこにカメラを持って隠れていると出てきました。夕方です。
f0147858_17384994.jpg

後ろの茂みにたぬきの道があり、そこから出入りしています 3匹の子たぬきです。
f0147858_17402233.jpg

少し離れたところで心配そうなお母さんです。ちょっと・・子育てでやつれてますね
(シャッターの音ですぐに気づかれてしまいましたけど)
3匹のたぬきがやんちゃなんでしょうかね
f0147858_17421078.jpg

可愛いです・・ 草にとまった蝶やバッタをパクッとしてました。
f0147858_1743732.jpg

翌日の早朝、今度はお父さんと一緒です
f0147858_1744348.jpg

お父さんは子煩悩なようすです。
いつもは警戒心が強いけれど、今回はちょっと違っていましたね。
たぬきの家族、これから台風などもやって来て、厳しい自然の中で生きていくのは大変だけれど、なんとか無事に成長していって欲しいです。
[PR]
by sizeninoti | 2008-08-11 17:56 | 動物

墨流し

スミナガシ、タテハ蝶の仲間で本州全域に生息していますが・・・個体数は少ないそうです。
墨流しとは、昔の宮中などでおこなわれた遊びの一種で、流れる水の中に墨をたらしてその模様の変化を楽しむ(蝶・蛾 保育社)ものです。
いい名前ですね~~裏の翅の模様を良くみたいけれど、羽化したばかりなのかほとんど動きませんでした。チラッと見えたのはこの一枚だけです^^
f0147858_20474426.jpg

口が赤いでしょう
f0147858_2048198.jpg

三瓶には珍しい蝶もけっこういます。食草が豊富にあるからですね

f0147858_20524621.jpg

ツバメシジミ
f0147858_2053367.jpg

モンシロチョウとスジグロシロチョウ


きょうは、いつもお世話になっていますNPO法人ウィングかべ経営の. コミュニティサロン 『可笑屋』さんに、Beautiful nature二人展のお願いに行って来ました。
こころよくギャラリーへの展示を受けていただき、8月に広島でも写真展を開催することができそうです。
より多くの人に写真を見ていただき、感じてもらいたいというのが二人の願いです。
またお知らせします。よかったら可笑屋さんの美味しいコーヒーを飲んで、写真を見て行ってくださいね^^
[PR]
by sizeninoti | 2008-07-01 21:12 |

キ ジ

三瓶周辺にはキジがたくさんいます。
三瓶山の西の原あたりでよく出会います。鳴き声もよく聞こえますね・・
この辺りは鳥獣保護区に指定されていますから、狩猟の対象になることはないので安心です。
北海道では「コウライキジ」に出会いました。雄雌つがいでお散歩中でした。普通のキジと違うところは雄の首に白い輪の模様があること・・それから良く見ると羽の色が少し違います。
雌はどこが違うのでしょうかね~~わかりませんでした。
f0147858_18312935.jpg

三瓶のキジです
f0147858_18385441.jpg

目のあたりがどうなっているのか・・アップにしてみました
f0147858_18524284.jpg

北海道のコウライキジの雌です・・・わかりにくい写真ですね( ´△`) アァ-
雄の写真はもっと悪いのでアップできません~~ざんねん・・
コウライキジはその昔、朝鮮半島で生息していたのですが、狩猟のために北海道に移入され放鳥されたそうです。

おまけ
f0147858_1965842.jpg

春に撮った西の原の牛・・三瓶牛
私が子供の頃にはこの三瓶牛を飼っておりました。
↓先日撮った牧場の牛です。草を舌で巻き取るようにして食べています。
f0147858_19112357.jpg

牛の世話をするのが好きでした。
牛小屋は今でも残っていますが、物置になっています。
[PR]
by sizeninoti | 2008-06-18 19:13 | 野鳥

キタテハ

子供の頃から生き物が好きでした。小学校の頃、自由研究でクモの研究をしました。
今は・・家の中に入ってくるクモは怖いですね。
三瓶でお風呂に入っていたら、体長10センチ以上もあるオオゲジが壁に・・・ひぇ~!!どうしよう~~私の着替えのすぐ側にいます。逃げてくれません。
田舎の家はお風呂場は家の外にあるのです。
たいへん不本意ではありましたが、大声で叫びました「おとうさ~ん!ちょっと来て~!」100m先まで聞こえたかもしれません。
しまった!父親が来るかもしれない・・夫が来てくれました。ホッ・・(^u^)プププ
オオゲジの話しではなかったですね

蝶の話しです。これから蝶の季節ですね
きれいなお花とセットで見れたら得した気分です^^
撮影して帰って、図鑑で蝶の名前を調べるのも楽しいです。昨年、蝶・蛾の図鑑を買いましたが裏と表、雄と雌、夏型と秋型で翅の色などが違うこともあって識別が難しいということがわかりました。
ウツギとキタテハ(三瓶)
f0147858_1801668.jpg

アザミとカラスアゲハ(三瓶)翅がボロボロになっていました(・・,)
f0147858_1811936.jpg

そして昨日アップした写真はセセリチョウ(詳細不明)とサクラウツギでした
Tombeeさんありがとうございました。

おまけ
f0147858_1833520.jpg

納屋で巣立ったツバメです。
三瓶では「ツバクロ」と呼んでいたそうです。
[PR]
by sizeninoti | 2008-06-16 18:05 |