身近な自然とそこに生きる命を撮影しています


by まなめ

深入山山頂

f0147858_14112485.jpg

林間コースには2ヵ所、このような展望休憩所があります
ここでお弁当を食べたり、会話が弾んだり・・・写真撮ったり(笑)
景色は最高でした。今まで何度か登りましたが、ここまで晴れて遠くまで見えることは珍しいですね
恐羅漢山、聖湖、臥龍山、掛頭山(写ってませんが)・・・素晴らしい眺めです

f0147858_14191237.jpg

ショウジョウバカマ、山頂に近づくほど数が増えてきます 

f0147858_14201763.jpg

もうすぐ頂上!駆け出したい気分ですが・・後が大変なのでやめときましょう^^;

f0147858_1422095.jpg

山頂に到着しました
お父さん、お母さんと一緒に登山ですか・・柴犬くん
お茶とお弁当を食べていました

登山道の石が雨で流出しているため石をひとつでも山頂へ運んで欲しいとのことで
今回は石を2個ほど持って登りました

f0147858_14265689.jpg

イワカガミ
時期が少し早くて、登る時には小さな固いつぼみをひとつだけ見つけた場所を下山するときに見てみると
なんと茎が伸びてつぼみが開きかけていました^^
崖の上の岩場です。足場が小さくて両手は使えないので右手を伸ばしてノーファインダ、オートフォーカスでなんとか撮影しました。('ε') フーン

f0147858_14331388.jpg

今日はもうしっかり咲いてると思います
一日早かったです・・・(T△T) 
[PR]
by sizeninoti | 2009-04-30 14:37 |

ブナ林

f0147858_18282913.jpg

きょうはクラブの撮影会で北広島町へ行って来ました。
3つのコースに分かれての撮影でした。私はずっと行きたかったブナ林に・・・あのサルノコシカケの大木の枯れ木はどうなっているのか・・知らないうちに足早になっていました。
そして、それは倒れていました。
人間の侵入をきらっているかのように不気味な姿でその存在感を放っていたのに、とうとう倒れてしまったんですね・・ご苦労さま

f0147858_1953341.jpg

今年は台風もやってこず、葉がいつもよりしっかりとつき、紅葉も一段と美しいそうです。

f0147858_19571394.jpg

枝を切られ続けたブナがこんな不思議な形を形成しています。
生命を感じます。

f0147858_2001616.jpg

まっすぐに伸びたブナの大木・・ここまで来た甲斐があったと思わせてくれました。

f0147858_206453.jpg

手のひらに太陽を みんなみんな生きている

f0147858_2016112.jpg

私の後ろに黒い服を着た人がいたのに・・・と先輩がいいましたが、振り返っても誰も居ませんでした。誰?クマさん?

夕べは数時間しか眠れなかったけれど、久しぶりにブナ林の中に入り込み、撮影はとても楽しかった・・昔のお仲間にもたくさんお会いできて元気をいただきました。
晴れた日にもう一度行きたいと思いました。
[PR]
by sizeninoti | 2008-11-03 20:13 | 樹木

三瓶にて

三瓶の北の原の一角に姫逃池(ひめのがいけ)があります。
姫逃池の伝説は、この池の側に住んでいた長者の娘がむりやり山賊に嫁入りを迫られました。その娘の恋人はひとりで山賊のところにのりこんで命を落としてしまうのです。
悲しんだ娘がこの池に身を投げたという伝説があり、この池に咲くカキツバタは娘の生まれ変わりと言われているそうです。
伝説は聞いているはずなのに・・・覚えていませんでした^^;だめですね・・
f0147858_17331571.jpg

池に映った三瓶山
浮島にカキツバタがまだ一本くらいでした。
今度はたくさん咲いているときに行ってみたいなぁ・・
f0147858_17494037.jpg

ハナイカダをみつけました
f0147858_1750197.jpg

最後は江川から三瓶山を望みます
[PR]
by sizeninoti | 2008-05-20 17:52 | 風景

流紋岩

深入山の登山道にはあちこち石があります。小さな石にもすぐにつまづく昨今の私です^^;
数え切れないほどつまづきましたね・・
山頂が近くなると、登山道の石が雨で流出しているため石をひとつでも山頂へ運んで欲しいとの立て札がありました。丸い石ではなくて、ちょうど割れた瓦みたいな石ばかりです。
私も石をひとつ持って登りました。
ところが・・写真を撮るたびに石を無くしてしまって・・・結局3回拾い直しです^^
f0147858_22545679.jpg

登山客が運んだ石が積んでありました。向こうは聖湖です。
f0147858_234967.jpg

白亜紀のころに火山によってできた流紋岩だそうです。
波状がきれいでした。ポロポロとすぐに崩れてしまいそうな岩です。
f0147858_237133.jpg

いつまでも居られたら良かったですが・・頂上へ到着したのが午後3時
急いで下山しました。


広島ブログ
ランキングに参加中です
[PR]
by sizeninoti | 2008-05-13 23:09 |

岩 鏡

イワカガミ、まだ見たことが無い花のひとつでした。
優しい桜色の可愛い花です。
イワカガミという名前は葉っぱに光沢があることに由来しているそうです。
近くに住んでいる叔母が、深入山へ行きたいと約束していた日がきょうでした。
こんな私でも案内がつとまるでしょうか・・
先日、イワカガミと思われる葉には、まだ蕾もついていなかったのですが・・きょうはバッチリ!
見ることができました。
f0147858_19475314.jpg

なんて可愛いのでしょうか
f0147858_19483975.jpg

しかし、撮影しにくい場所にばかり・・へばりついてますわたし(笑)
f0147858_19495469.jpg

きょうは頂上まで登りました。叔母は毎日歩いているので元気です。
標高1153m 深入山には3つの登山ルートがありますが、私が一番好きなのは林間コース
きょうはオオルリに2回も逢えました。撮影はしていませんが^^;
f0147858_19553845.jpg

西中国山地の山々の新緑が美しかったです

広島ブログ
ランキングに参加中です
[PR]
by sizeninoti | 2008-05-09 19:57 | 花の旅

標高475m

我が家から歩いて数分のところに登山口があった事を最近知った標高475の山、一度登ってみたいと思いながら10年以上の月日が流れました(笑)
きょうはやっと登頂できました。しかし・・きつかったです。
登りきると山頂へは尾根づたいに道が続いていました。このまま山頂かと思ったら、また急斜面で大きな岩がゴロゴロ、倒木もあちこちにありました。カメラが・・重い(ρ°∩°) ウウッ
急斜面の連続で、帰りはテナガザルみたいに木から木へ・・道は狭いけど危険な箇所は少ないので助かりました。
樹木は樫の木やサルスベリ、桜の大木やホウノキ、赤松などがありました。
登山道は落葉した葉っぱでふかふかです。とても豊かな森が広がっています。
チゴユリ、クロモジ、ショウジョウバカマ、アケビの花などたくさん撮影したので、ひとつにまとめてみました。
f0147858_16481836.jpg


f0147858_16491192.jpg


f0147858_1649263.jpg


f0147858_16494062.jpg

80mm
山頂からの眺めです。
山頂で携帯が鳴りました・・・三瓶にいる父からでした。
三瓶は今、オキナグサが咲いてる頃でしょうか

広島ブログ
ランキングに参加中です
[PR]
by sizeninoti | 2008-05-03 16:52 |