身近な自然とそこに生きる命を撮影しています


by まなめ

磐梯吾妻スカイライン

土湯のびっき沼から、明けて2日めに磐梯吾妻スカイラインをドライブしました。
いよいよ吾妻連峰、標高1622mあたりまで車で上って行くのです^^
この日のお天気は曇り、ときどき晴れ間がさす程度です。
前日の花見山は暖かでコートなしでもOKでしたが、雪の残る吾妻連峰はきっと寒いでしょう。
私のモッズコートは内側に温かいパーカーがついていて、取り外し可能でまさに今回の旅にはピッタリ!って・・このために買ったのですけどね(´▽`*)アハハ
飛行機は雨の中を飛行機まで歩いて、タラップを上ったり下りたりで、温かいと寒いが旅の間に何度も交互にやって来ましたから、このモッズコートは重宝しました。
コートの話しはどうでもよいですね(^-^;)

磐梯吾妻スカイラインです。
高湯温泉、高湯料金所からおよそ30Kの有料道路に入ります。
f0147858_1658668.jpg
くねくね道が続いて、天狗の庭P(パーキング)
福島盆地が下に見えます。左にあるのが信夫山・・お友達が教えてくれました^^ 今頃は桜が満開かな?
f0147858_16582383.jpg
左の視界、雪がまだ残っています。白樺林も見えました。
白樺もこちらにはほとんど自生していないので私にはとても珍しいのです。
f0147858_1658353.jpg
こちらは天狗の庭の右の視界。天狗が飛び回って遊びそうな尾根がありますね。
f0147858_16584414.jpg
ここはもう、かなり上って来ました。浄土平Pの少し手前です。写真の左上あたりが吾妻連峰の噴煙が出ていた付近になります。硫黄の匂いが凄いです^^;
写真中央を見てください、雪が黄色く変色しています。硫黄の影響でしょうかね・・
手前はハイマツだそうです。風が強い場所でしたから、ハイマツも一方に傾いていますね。ハイマツの実はいろいろな野鳥の好物でもあるけれど、火山ガスも発生しているようなので鳥はいませんでした。
f0147858_1658552.jpg
車のCM撮影舞台にもなったそうです。
夫はスカイラインに乗っていたのに、わたしと結婚して強制的にスズキの4ナンバーに替えさせられたです。
だってねぇ~~燃費と税金が・・(^-^;)わたし そんなことまで思い出しちゃいました。
f0147858_1659513.jpg
最後は標高が最高地点の雪の回廊です。5月中旬ごろまで見られるそうです。
もちろん初めて見ました!凄いですね~

紅葉の時期にはまた素晴らしい景色が見られそうです。
これは・・また行かなければ(-ω-;)ウーン
行けるようにまた頑張ります。
今日はちょっと長くなりました。大自然にふれた福島の旅を振り返って来ましたが、最後となりました。
旅の思い出にお付き合いいただき、本当にありがとうございました^^
[PR]
by sizeninoti | 2010-04-19 18:22 | 風景

びっき沼の水芭蕉

f0147858_9592985.jpg
福島の土湯温泉には、3か所の水芭蕉の群生地があります。
その中でも一番早く咲くのがびっき沼です。びっきというのは「カエル」という意味。
昔、モリアオガエルが生息していたことから由来する名前だそうです。
こちらには水芭蕉の自生地は見られないので、これは見たかったです^^
f0147858_1054292.jpg
うわぁ^^ よおけい咲いちょる
f0147858_1055546.jpg
こっち向いてぇ~
f0147858_1072265.jpg
水脈に沿って
冬枯れの木立に緑の水芭蕉が咲き始めたこの風景に感動しました。
f0147858_10102855.jpg
振り向くと、なんとリュウキンカが
f0147858_10101047.jpg
土湯にはヒメサユリの群生地もあって、カタクリも咲きます。
これからの季節は湿原や高原をハイキングしたら最高でしょうね・・また、行きたくなりました(笑)
[PR]
by sizeninoti | 2010-04-17 10:28 | 花の旅

小鳥の森のカタクリ

クラブの写真展を4月28日から開催することに今日決定しました。もう、あまり日にちがありません^^;
決まったら、その準備はすべて本日中にしておきたいので会員へのお知らせと
関係各位への案内状まで一気に済ませて気分も楽になりました^^
自分の写真展の写真もやっと、今日は印刷に出しました。こちらも気分が少し軽くなりました^^

そういうわけで遅くなりましたが、更新したくなりました。
今回の福島は「花の旅」でした。
お花を見に行きたいところが3つありました。一番目に花見山、そして「小鳥の森」に群生しているカタクリです。
f0147858_23431251.jpg
三姉妹
f0147858_23432222.jpg
びろ~ん♪ あったかいね
f0147858_23433454.jpg
f0147858_23434677.jpg
↑ピントがずれてますけど^^;このような感じで斜面にも一面にカタクリの花で、こんなにたくさんの群生は初めて見ました。
最後に雪うさぎを見ていただきたい
左の丸い山が「吾妻小富士」です。その山肌の右下あたりに雪うさぎがいます。
毎年、同じ形に雪が残って・・それがウサギに見えるなんて夢があって素敵ですね。
f0147858_2344529.jpg
吾妻連峰まではスカイラインで右側の山に噴煙が上がっていますが、あの下辺りまで行けるのです。
お友達の車でドライブに連れて行ってもらいました。
花見山とは対照的な世界が広がっていました。どんなようすだったのか・・後半にまた写真を見てくださいね^^
[PR]
by sizeninoti | 2010-04-16 00:10 | 花の旅

花見山

f0147858_21492239.jpg
花見山は花木の生産農家の方が、農地を「みんなにきれいな花を観てもらい心が安らげば」と先代と長い歳月をかけて作り上げた個人所有の公園だそうです。無料で開放されています。
ずっと行って見たかった場所でした^^
桜やハマモモ、レンギョウ、ボケ、サンシュユ、ハクモクレン、椿、ヒュウガミズキなどがいっせいに咲いてきれいでした。
f0147858_2155434.jpg
f0147858_21511684.jpg
f0147858_21513835.jpg
f0147858_21515252.jpg
ヒュウガミズキ
f0147858_2151596.jpg
広場からは吾妻連峰が・・美しかったです。吾妻小富士のゆきうさぎがはっきり見えました。
f0147858_2234277.jpg
下手な写真です・・・雪うさぎ、見えましたか?
[PR]
by sizeninoti | 2010-04-13 22:13 | 花の旅

福島の旅

今日、なんとか帰って来られました。ただいま~♪です。
それというのも
仙台空港を4時30分出発の飛行機は悪天候のため、大阪国際空港に着陸する事になるかも知れなかったからです。
でも、わたしはだいたいにおいて運が良いから、大丈夫だぁ~って内心思っていました。
ところが
広島空港まで戻ってきて順調に着陸態勢に入ったものの、着陸直前に急上昇して着陸中止。
どうなることかと不安でした。
大阪まで行っちゃったら、新幹線で帰ることになるなぁ~(^-^;)
そんなことを考えながらも、手を合わせて祈っていました。
どうかお願いします。仙台では伊達政宗公にも関わりの深い国宝大崎八幡宮にお参りしたではありませぬか・・
そのおかげか、天候の回復を待ちながら上空を旋回し、2回目のアプローチで飛行機は着陸することができました。
f0147858_22552813.jpg
福島で最初に行った花見山です。今日は2枚だけですが、また続きは明日の楽しみにとって置きます^^
とても楽しい旅でした。
美しい風景や広大な自然に感動した旅でした^^ 
お楽しみに
f0147858_22554057.jpg

[PR]
by sizeninoti | 2010-04-12 23:41 | 花の旅

ガビチョウ

f0147858_15413577.jpg

こちらでは、ほとんどいないガビチョウを見ることができました。
ガビチョウは台湾・中国原産、ペットとして飼育されていたものが逃げ出して野生化したかごぬけの鳥です。
以前、撮影したソウシチョウも同じかごぬけの鳥、外来種です。
ガビチョウは福岡あたりでは確認されていて、広島では今のところ確認されていないようです。

f0147858_15503111.jpg

ヒヨドリがけん制しています
ガビチョウは里山で虫などを捕食して生息しています。
大きさはムクドリくらい、鳴き声がきれいですが、少しけたたましい感じです(笑)
あちこちで鳴いていて、姿も見ることができました

f0147858_15545497.jpg

何かを見つけたようです

f0147858_1556668.jpg

ブレちゃったなぁ~~って写真を見ていたら
虫を捕らえた瞬間が撮れていました。おぉ~~~

ガビチョウのことを「ガビ」とか「ガビちゃん」とか言うので
魔法使いサリーに出てくる「カブ」がカラスに変身した姿をイメージしてしまっていましたが・・
そんな感じじゃなかったですね、目の周りが白くてその帯が後ろに伸びていて、お友達が「クレオパトラみたい」と言っていたので納得しました。
そうだ・・ツタンカーメンの黄金のマスクにも似ています。

ガビチョウはソウシチョウとともに特定外来生物に指定されています。
在来種や生態系に影響を与えるとか、言われることもありますが・・
それよりも自然を保護して行くことの方が大切だとわたしは・・思うのでした。
[PR]
by sizeninoti | 2009-06-19 16:03 | 野鳥

キビタキ幼鳥

福島でのバードウォッチングは、かつて里山であった「小鳥の森」と緑豊な福島市内の林間へ行きました。
小鳥の森のネイチャーセンターではレンジャーさんからいろいろなお話が聞けて、ほんとうに楽しかったです。
普段はなかなか見れない野鳥がたくさんいます。
あの日、小鳥の森にいた野鳥はオオタカ、サシバ、サンコウチョウやコジュケイ、ここに書いたらきりがないほどです。雨に降られたこともあって、サンコウチョウの撮影はできませんでしたけど、飛んでいる姿をチラッと見ることができました。

キビタキです。この子はペアになっているのかさえずっていません
f0147858_189441.jpg

f0147858_18104162.jpg

その近くに何かの幼鳥です・・・キビタキの幼鳥だとしたら初めて見るのですが

f0147858_18111653.jpg

親鳥が来ました! 証拠写真です^^
キビタキの幼鳥だったのです。感激しました。

f0147858_18141974.jpg

アオゲラです
オスは頭上が赤いのですが・・・
f0147858_1820085.jpg

こちらの写真だとはっきりわかりますね~オスですね
でも、背中の羽がボサボサなので若鳥かな?

キビタキ、アオゲラは同じ場所からほとんど同時に撮影したものです。
あの時は・・メジロ、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガなどがいっせいにやってきました。
どうしたわけだったのでしょうか・・・あの光景は、夢に出てきそうな野鳥天国~♪最高の思い出になりました。
明日も野鳥が続きます。
[PR]
by sizeninoti | 2009-06-18 18:36 | 野鳥

感動した風景

裏磐梯で見た風景は、想像していたイメージとは違っていました。
自然の色彩の美しさに加えて、静寂の美しさを感じました。
こういう時って、言葉はいりませんね
f0147858_21224342.jpg

左下にキセキレイが一羽とまっています
f0147858_2127569.jpg

f0147858_21232225.jpg
f0147858_21271596.jpg

水面に落ちた一滴の音も聞こえそう・・・
目の前に広がる景色が幻にならないように、何枚も撮影しました。

明日はJPS展も最終日、会場に足を運んでくださった皆さんありがとうございました。
また、入選を一緒に喜んでくださったこともとても嬉しかったです。
写真で自分の心を表現することができるようになるには、まだまだ勉強も必要ですが・・
私の心は自由に生きていたという証しとし、人生を振り返るときの楽しみに撮影を続けて行きたいなと思います。
私をささえてくださる周囲の皆さんに感謝です。
[PR]
by sizeninoti | 2009-06-17 22:08 | 風景

五色沼

福島で楽しみにしていた場所のひとつは五色沼自然探勝路。
3.6kのトレッキングコースに大小の沼がとても神秘的な色合いを見せているのです。
ここは五色沼で一番大きな毘沙門沼、きれいですね
f0147858_2225836.jpg

f0147858_2232489.jpg

巨大な鯉がいました
f0147858_221530100.jpg

突然、雨が降り出して途中で引き返しました。
森を抜けると大雨だったようです・・・樹木の下で少しの雨だと思っていました。
f0147858_2241276.jpg
f0147858_2242678.jpg

今度は紅葉の時期に行って見たい・・・きれいでしょうね~~
3.6kのトレッキングコース、歩けるかどうかは謎ですが^^;

土湯温泉からの道でサルの小さな群れに
近くに車を止めてもらって車の窓を開けて「逃げないで・・」と撮影しました。
何かを期待してる目なのか・・好奇心なのか
f0147858_2234818.jpg

優しい目をしている猿でした。

福島の写真、しばらくお付合いくださいね
明日も続きます。
[PR]
by sizeninoti | 2009-06-16 22:55 | 風景

ヒメサユリ

福島から今日、戻って来ました。
13日、裏磐梯・喜多方周辺 14日、福島市小鳥の森などすべてが初めてのとても楽しい旅でした。
福島のお友達と彼女の友人で鳥の師匠のお二人に、案内していただいて幸せでしたぁ~~
天候がめまぐるしく変わって、集中豪雨や雷や晴れ、曇りなどのいろいろなパターンを福島にいた二日間で体感しました。
それはそれでなかなか楽しいものでした^^

今年のメインイベントはこれで終わりましたので、これからはおとなしくしていよう・・と
今日のところは思うのでした^^;

今日はヒメサユリを見てくださいね
新潟県、福島県、山形県などの山地や草原にしか群生していない、貴重な植物です。乙女ユリとも言うそうです。こちらで見られるササユリに似ていますがそれよりは少し小さかったです。
土湯温泉と喜多方の2ヵ所の群生地に行きました。
f0147858_2254392.jpg

まずは土湯温泉のヒメサユリです(晴れていました)
f0147858_2263356.jpg

f0147858_2265396.jpg

雑草はあえてそのままにしてあるそうです

f0147858_22101237.jpg

こちらは喜多方市の群生地 喜多方市の花はヒメサユリ。
雨が降りましたが、雨で美しさが増した気がします。
f0147858_22102331.jpg

ちなみに広島市の花は・・・? キョウチクトウです。
原爆の後の焦土にいち早く咲いた花なんです。
f0147858_22103922.jpg

それにしても、きれいですね 
サユリという名前だけでも美しいのに、それに姫がついてますから

では、また明日に続きます。
明日は裏磐梯の風景・・・アップできそうな写真が・・あればですが
あまり期待はせずにお待ちくださいね(笑)
[PR]
by sizeninoti | 2009-06-15 22:26 | 花の旅