身近な自然とそこに生きる命を撮影しています


by まなめ

草原の風景・オオハンゴンソウ

f0147858_17561137.jpg
オオハンゴンソウとウラギンヒョウモン
f0147858_18381583.jpg
北広島町八幡の草原の風景にオオハンゴンソウの群生があります。
オオハンゴンソウは北アメリカ原産の多年草で、明治時代に観賞用の園芸植物として持ち込まれました。
その後に湿った草地などに定着して日本中で見られるようになりました。
何も考えなければこういった草原の風景も美しいと思えるのですが
帰化植物なので、やはり複雑な気持ちになります。
オオハンゴンソウが群生していない他の草地では、多種多様な植物がみられるからです。
コバギボウシ、コオニユリ、サギソウ、ビッチュウフウロ、マツムシソウ、サワギキョウ、キンミズヒキ
ツリフネソウ、トモエソウ、カワラナデシコ、チダケサシ、サワヒヨドリ、オカトラノオなどの植物です。
f0147858_17565090.jpg
アゲハ
f0147858_17565995.jpg
ヒョウモンチョウ
今日は午後から曇りました。
台風の経路図を見ると、12日頃に日本海に達するようですね
皆さん、気をつけてくださいね。
[PR]
by sizeninoti | 2010-08-09 18:28 |