人気ブログランキング |

<   2008年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

頑張りましょう

f0147858_19452446.jpg

きょうは家の中で一日過ごしました。
りんごジャムを作ったり、天然酵母のパンを焼いたりして良い母、良い妻?の一日が過ぎました(^u^)プププ
写真は少し前に撮ったものをアップします。

しばらくおせち料理を作る努力もしていなかったので、今年はちょっと復活させてみようかなと思っています。最近は家族に「写真を撮ることしか考えていない」と思われてしまっています。

・・そんなことはないのですけど・・
f0147858_195493.jpg


あと1ヵ月で今年も終わりですね
今年も早かったです。12月、ラストスパートで頑張りましょう・・いろいろ(笑)
by sizeninoti | 2008-11-30 20:01 | 風景

晩秋の街

f0147858_16395331.jpg

わたしは田舎のねずみ・・・きょうは街に出ました。
女性のお友達とランチです。
いつも写真仲間のおじさんたちと撮影に行くときは・・はっきり言って顔も手抜き工事(笑)
誰も顔なんか見ないし(-^〇^-) ハハハハ
女性同志はそうはいきませんよ~~たまに会うのに・・「あら?ふけた?」なんて事にならないように細心の注意をはらいます。
そんな時でも、やっぱりカメラ・・・持ち歩いてしまいます。
きれいと思った風景をサッと行って、パッと撮って帰って来ました。
f0147858_1652498.jpg

なぜだかわからないけど、ここから見た風景がとっても気に入りました

f0147858_16541096.jpg

きょうは市内の駐車場も空いていました。もう少しすれば、街は人でごった返すはず・・

f0147858_16555475.jpg

食事もゆっくりできたし、いい時に来たかも

f0147858_16564939.jpg

お天気が悪くなって来ました。ここは広島美術館の前。

f0147858_1658263.jpg

落ち葉の絨毯
ふいに竹内まりやの「元気を出して」のフレーズが浮かびました。
~人生はあなたが思うほど悪くない 早く元気出して あの笑顔をみせて~

f0147858_1773349.jpg


竹内まりや 「元気を出して
by sizeninoti | 2008-11-29 17:08 | 風景

秋の色彩

f0147858_1235234.jpg

空が青くて
f0147858_125385.jpg

葉っぱが赤く
f0147858_1264695.jpg

朝は霧がたちこめる・・・秋って
f0147858_127452.jpg


f0147858_1284091.jpg


ほんとに秋って大好きです。
もうすぐ12月、冬が駆け足でやって来ますね・・
最近、撮影した風景を集めてみました。

きょうは庭の花を撮影しました。
最近買った
コンパクトカメラの「マクロ」に挑戦・・・・なんだこりゃ~\(°o°;)/
撮り方が・・わかりませんぞ・・・
f0147858_122127.jpg

説明書・・読みますかぁ(笑)
by sizeninoti | 2008-11-28 12:23 | 風景

ハイイロチュウヒ

f0147858_1554070.jpg

タカ目・タカ科 ハイイロチュウヒ(雌)、先日はじめて撮影できました。
冬鳥として全国に飛来しますが、数は少ないそうです。
英名(Hen Harrier)めんどりの略奪者。
ハイイロチュウヒの雄は頭、体、尾が明るい灰色でまるで貴公子のような容貌だそうですが・・今回であったのは雌でした。
私は車の後部座席で左右を見張りながらお弁当を食べていて見つけました。タカがカラスに追われてこっちへやって来ます(°_°;)
翼を広げたときの長さは100cm以上もあり、しかも肉食の猛禽ですから飛翔は巧みで、風に乗りまっすぐに飛ぶかと思えば急降下したり・・・カラスには追いつけません。

f0147858_15174291.jpg

私のレンズも追いつけません・・遅れたカラスにピントがあってました(笑)

飛んでる猛禽を下から見上げることがほとんどなので、飛翔姿を撮影した写真ばかりのハンドブック、ワシタカ類飛翔ハンドブックを一応持っています。
ワシタカ類が大好きな人もいます。「鷹柱」という言葉があります。(茶柱とかじゃないですよぅ)秋のタカの渡りの際などに上昇気流に乗って複数のタカが竜巻状に旋回上昇をしている状態をいいます。
こういうのを見るには、いろいろなものが必要になってくるので、私にはちょっと無理^^;かな・・
頑張ります^^

f0147858_1533457.jpg

こちらは同じワシタカ類でも、生きた獲物を捕らえることは少ないトビです。
でも、首がぐるりと後ろまでまわってますね~~~歩いていたら、あまりに近くにとまっていたのでこちらが驚きました^^ しかし、なかなかトビもきれいです。

ハイイロチュウヒ、目の鋭さといい名前もまたかっこいいですね~~~また会いたいです。
by sizeninoti | 2008-11-27 15:39 | 野鳥

可愛いスズメ

きょうは、いいお天気でした。
朝から、人と会う約束でしたのでバタバタしました。
その後、出かけたついでに先輩Yさんに「近くの川になにか野鳥が飛来していないですか」と電話をしますと、白いメジロがいるらしいと・・
白いメジロですか・・聞いたことがないですね^^;
鳥のアルビノで検索すると、一番多いのがスズメです。私は白色化した鳥さんは見たことがありません。メジロは目の周りが白いからメジロなんですけど・・体の羽が白いとメジロかどうかわからないのでは??
きょうは可愛いスズメを撮りました(笑)
f0147858_1620084.jpg

現地に行って見ました。
時間が無いので下見です・・良く聞いてみると2羽もいたそうです。
もしかしたら、私の見たい鳥ベストテン10にはいっている「ツリスガラ」とかではないでしょうね・・
それとも・・ベニスズメなどのかご抜けの鳥なのでしょうか(_-_) ウーン

明日はお天気が下り坂のようです。行けそうもなく残念です・・。

先日の奥出雲の里山の風景です
f0147858_16314895.jpg

f0147858_16323486.jpg

f0147858_16325213.jpg

by sizeninoti | 2008-11-26 16:41 | 野鳥

コハクチョウ

宍道湖や中海にはコハクチョウが渡って来ています。
宍道湖グリーンパークによれば、今季は10月17日に斐伊川河口あたりで初認されたそうです。長旅の疲れを癒すように眠っていたそうです^^
コハクチョウはシベリアあたりから4000kmもの距離を約2週間で渡って来ます。
季節が秋から冬へと変わる頃に北からジェット気流にのって日本へ低気圧がやって来ます。
シベリアの冬は寒すぎて-50℃にもなるそうです。食べ物も無くなってしまいますから、白鳥たちはそのジェット気流に乗って北海道や宍道湖に渡って来ます。
f0147858_14543056.jpg

体の色が灰色の子は幼鳥です。 良く渡ってこれたね・・

f0147858_1455351.jpg

家族単位で行動します。ジェット機みたいですね

f0147858_14562140.jpg

斐伊川河口です。 先生のお話しを聞かない生徒たち・・のような(笑)
「はい、みなさん。こちらを注目してくださ~い」  「・・・・」

今朝の北海道は、-20℃前後のところが多かったようですね~美瑛とか麓郷とかも・・-19℃でした。まさに北の国ですね。寒いというよりはしばれるという感じです。
by sizeninoti | 2008-11-25 15:06 | 野鳥

チョウゲンボウ

宍道湖はラムサール条約湿地として登録されています。貴重なマガンやコハクチョウなどの渡り鳥がたくさん渡ってくるため、そういう環境を保護していこうとするものです。
宍道湖周辺では人と自然と野鳥たちが共生していて、素晴らしいなぁ・・いつも満足して帰って来ます。
f0147858_15174165.jpg

はじめてチョウゲンボウ(雄)に逢えました
小鳥(スズメなど)や昆虫、ノネズミなどを捕食します。冬鳥としてやって来て草原や農耕地で見られる鳥です。
f0147858_1520164.jpg

セグロセキレイとハクセキレイが一緒にとまってますね~~
セキレイはモビングといって、自分よりも大きくて強い相手を嫌がらせ的に攻撃することがあるけど・・・
f0147858_1524699.jpg

車で走っていたら電線にとまっていたので、窓をそっと開けて撮影しました
f0147858_15252063.jpg

「?」 はっきりとこっち見てます
f0147858_15262360.jpg

飛んでいきました。

今回はマガン、コハクチョウ、タゲリに加えてワシタカ類も多かった気がします。探せばもっとたくさん見れそうでした。しかし・・時間が足りませんでした・・・最低2日は欲しいと思いました。
向こうで鳥三昧の冬を過ごしたい(笑)
いいサイトを見つけました「ゆーあいしまね
でも、観光を研究している娘に言われました。定住する意志のある人のためなんだから、お母さんは認定されませんよと・・そ、そうですかヘ(´o`)ヘ じゃぁ
宝くじ買います!!

島根はいいとろこです。
田舎暮らししたいと・・どこか探しているっていう方がいらっしゃったら参考にしてみてくださいね^^
by sizeninoti | 2008-11-24 15:29 | 野鳥

宍道湖周辺 タゲリ

昨日に続いて宍道湖周辺の鳥です。大好きなタゲリです。
はじめて見た時の感動、忘れません・・山口県で田んぼの水たまりに一羽だけいたんです。
光沢のある翼に長い冠羽、子猫のような「ミューイ」っていう鳴き声・・
どれをとっても可愛いです^^
あれから毎年、冬になるとタゲリに会えなければどうもおさまらなくなってしまいました(笑)
昨日はなかなか探せなくて・・宍道湖まで来て不機嫌なまなめさんになりかけていましたが・・見つけることができて元気が出ました^^;
f0147858_12252593.jpg

宍道湖グリーンパークのHPには、タゲリ60羽が飛来とあったので、夢が膨らみました。
f0147858_12274565.jpg

タゲリの冠羽にくもの巣のようなものがまとわりついていますが(クリックして見てね)
宍道湖グリーンパークの周辺にもたくさん飛んでいました。飛んできたものが足についたので見るとくもの巣のようです。
なんだろう・・?
「糸くずのようなものが飛ぶ」とネットで検索してみましたら、「それは飛蚊症です」と出ましたが、違います。更に続けて検索すると「雪迎え、飛行蜘蛛、遊糸、ゴッサマー」というHPを見つけました。東北地方で雪の前、雪の積もった晴れの日、雪解け近い頃などに、共通してよく晴れた日に観察されることが昔からあったそうです。 だとしたら・・出雲の方でも見られたなんて、新発見かも?です。(まさかね)
f0147858_12535631.jpg

冠羽に「雪迎え」のタゲリが飛んでいきました
f0147858_12551268.jpg

タゲリは雄雌同色、冬羽は後頭部が茶色くなります。
手前の顔が少し黄色いタゲリは幼羽です。

f0147858_125792.jpg

最後は大山です。今まで大山が見えていたことに気づかないでいました。
冠雪していて気づきました。電線が・・・
でも、きれいです。富士山に似てますね。
by sizeninoti | 2008-11-23 12:59 | 野鳥

宍道湖周辺 マガン

今朝は7時頃、宍道湖に向かって出発しました。
意気揚々と帰ってくるかそれとも意気消沈の帰宅となるのでしょうか・・
NHK朝ドラのロケもあった宍道湖グリーンパークにまずは向かいました。
しかし、きょうはな~んにもいません、ひとっこひとりいません・・
グリーンパークの中のボードには「サンカノゴイ」「クロツラヘラサギ」「ハクガン」「コミミズク」などの確認情報が貼ってありました。野鳥好きにはよだれが出そうなメモですね(笑)
とりあえずマガンとコハクチョウの居場所をスタッフの方に尋ねてみました。
いつもの場所でした。大好きなタゲリもいるそうで・・o(^-^o)ヤッター
f0147858_21311677.jpg

マガンのいる場所は、いつもほとんど人がいないのに・・きょうは「ハクガン」が飛来したおかげで大筒が何台も設置してあって人が立っていました。
私もフィールドスコープくらい持ってくればよかったのに・・こんなことになろうとは・・近づけないです。マガンがいっせいに飛んでしまったら大変です。(ノ`△´)ノ コラー!!
でも、なんとか隙を見て撮りました。
(写真をクリックして大きくしてご覧くださいね)
一枚目の写真の上空を飛んでいるのは、タゲリです。可愛いんですよ~~
f0147858_21554221.jpg

野生の美しさ・・・感動します
f0147858_2157592.jpg

f0147858_21572987.jpg

これは包囲網の隙から撮影した遠くのハクガンです
日本ではまれにしか見られない希少種なのです
f0147858_2213386.jpg

マガンは夜は安全な池や沼で休み、そして朝になるといっせいに飛び立つそうです。
その光景には・・誰もが感動するそうです。
f0147858_22341423.jpg

明日に続きます
by sizeninoti | 2008-11-22 22:31 | 野鳥

スズメの未来は

昨年、雪の日にメジロのみかんをめあてにやって来たスズメ^^
足が冷たいよ~って・・言ってま・・せんネヾ(´▽`;)ゝ
f0147858_14235542.jpg

スズメ研究の本によれば・・スズメにも実は種類があります。
普通のスズメ、ニュウナイスズメ、イエスズメの3種類です。
イエスズメというのは、イエズス会の雀ではなくて・・・ヨーロッパの公園などで人の手や肩に乗って餌を食べるというような人懐こいスズメです。日本ではほとんど見られませんが、北海道の礼文島や利尻島でわずかに確認されているそうです。(スズメより少し大きく、頭が灰色)

ヨーロッパにも日本と同じスズメはいるけれど、体も大きくて繁殖力の強いイエスズメに追いやられ、スズメは森林に生息しているそうです。
日本では、普通のスズメは人家の近くに住み、体の小さなニュウナイスズメは追いやられて森林で暮らしています。
f0147858_14325579.jpg

ニュウナイスズメ、広島でも冬鳥として見ることができたのですが、最近ではあまり見られなくなりました。
今年私は、北海道ではじめてニュウナイスズメを見ることができました。これは雄ですね
f0147858_14362035.jpg

上の普通のスズメと比べると明るい茶色で、ほっぺたに黒斑がありません^^

森林破壊などによってニュウナイスズメは数が減っているそうです。
そればかりか
イエスズメが日本にやって来たら、スズメは追いやられて森林に住むようになり、森林に住むニュウナイスズメは姿を消してしまうかも知れないのです。(_-_) ウーン

イエスズメがヨーロッパから自力でどんどん渡って来て、繁殖したとしたらそれも自然の摂理なんでしょうか~環境も変化しているので、何が起こるかわからないのが現状ですね。

明日は、お天気がよければ 宍道湖あたりに行って来ます(‐^▽^‐)
コハクチョウ、マガン、タゲリ・・いろいろ~~夢が膨らみます。
by sizeninoti | 2008-11-21 15:00 | 野鳥

ハーブとアロマテラピー 自然香房ふるここの店主のブログです


by まなめ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る