人気ブログランキング |

<   2010年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

マガン

島根の宍道湖まで行って来ました。そろそろマガンやコハクチョウ、カモ、シギなどが見られる時期です。マガンは斐伊川の河口付近の田園地帯、稲刈りの終わった田んぼで餌をついばんだり羽根を休めたりしてあちこちで群れを作っています。
今日はあいにくのお天気でしたが、たくさんのマガンに会うことができてあの独特の鳴き声や羽ばたきの音も聴けて・・もう~~幸せでした♡→ܫ←♡
f0147858_19491584.jpg
f0147858_1949281.jpg
f0147858_19493621.jpg
f0147858_194944100.jpg
f0147858_1950666.jpg
f0147858_19501745.jpg
f0147858_19502436.jpg
他にもたくさんの野鳥に逢えて、興奮して帰って来ました^^
今年中にもう一度、また行きたいです。
日の出とともに三千羽ものマガンがねぐらの宍道湖を一斉に飛び立つ光景をいつか見たいです。
※シベリアから渡ってきたマガンは3月頃には再び飛び立ちます。
by sizeninoti | 2010-10-31 19:52 | 野鳥

秋の旅鳥

今日は土曜日というのに家で仕事してます^^;
ちょっと休憩して気分転換に鳥さんの写真をブログに更新しようかな
野鳥に会いに行って、まったくのカラ振りってことが今までにあったかな・・昨日は鳥見を始めて以来かもしれないくらい野鳥に出会えませんでした。いつもの野鳥の森も静まり返っていましたし。
でも、諦めて帰ろうとしたときに目の前にいたんです。何?とりあえずシャッターを切りました。シロハラ?アカハラ?はじめは良く見えませんでした。
f0147858_1222784.jpg
f0147858_1225011.jpg
全部で3羽いました
f0147858_1231433.jpg
しばらく見ていたら、わかりました!マミチャジナイです。ほとんどが夏はシベリアやカムチャツカ半島あたりで繁殖し、冬はインドネシアやフィリピンに渡って過ごします。日本にはその途中で立ち寄り、特に秋に見られることが多いです。
マミチャジナイの覚え方・・あなたは見覚えのある女性に出会いました「もしかして、真美ちゃんじゃない?」
ハイ、ありがとうございました( ´艸`)ププ
f0147858_1232767.jpg
あっ、こっち向いた。
by sizeninoti | 2010-10-30 12:35 | 野鳥

薄ら日

薄雲を通してさす弱い光
今日は買い物ついでに近くの公園のアメリカフウの紅葉を見て来ました。そのついでに鳥さんも見て来ました。我が家の周辺にはもう、ジョウビタキがやって来たというのに、いつもの場所にはまだ来ていないようでした。
ジョウビタキは畑が好きなのですよ・・餌があるからでしょうね、面白いですね。
途中、運転中に猛禽が飛んでいるのを発見して車を広い場所で止めて降りたら・・もういませんでした。この場所は前にハチクマを撮ったところなので期待したのに^^;
f0147858_1458052.jpg
f0147858_14581312.jpg
f0147858_14582766.jpg
結局、あちこち歩いて・・薄日で撮影した写真です。
by sizeninoti | 2010-10-29 16:07 | 風景

田舎暮らし

三次市君田町のかかし祭りに行って来ました。かかし祭りで有名なのは上下町ですが、あちらは10月24日まで開催されていたそうです。君田町のかかし祭りは地域交流のために毎年行われている行事です。以前から見たかったのですが、念願がかないました^^
可愛いかかし
f0147858_17353295.jpg
f0147858_17354579.jpg
「おとうちゃん、ええ天気じゃね」
「ほうじゃのう」   (実際は小雨でしたけどね)
凄くよくできていますね、癒されますね。
by sizeninoti | 2010-10-28 17:37 | 風景

山のあなた

f0147858_10542571.jpg
         
        山のあなたの空遠く、
        「幸」住むと人のいふ。
        ああ、われひとと尋(と)めゆきて、
        涙さしぐみ、かへりきぬ。
        山のあなたになほ遠く、
        「幸」住むと人のいふ。

               カール・ブッセ
               上田 敏 訳

山の向こうにあるという幸せを見つけることができなかった。という詩の冒頭が浮かんで来た景色でした。
この日、実はある哀しい出来事がみんなの心を沈めていました。
最後に出会ったこの景色・・薄くなっていく白い霧が人や自然の魂のようにわたしには見えました。
f0147858_10544026.jpg
夕陽が沈みかけていました。でも、気がつくと雨もやんで東には青空が出ていました。
青い空を雲の奥に見つけたとき、気持ちのどこかがパッと変わったのがわかりました。
太陽や青空のパワー・・不思議ですね。
by sizeninoti | 2010-10-27 11:14 |

池の段、立烏帽子山

池の段、立烏帽子山はレインスーツと傘を差しながらの撮影になりました。どうせ晴れないのであれば紅葉したつつじの赤に白い霧が立ち込めていることを願いました。
f0147858_14221123.jpg

f0147858_1475545.jpg
f0147858_1481265.jpg
紅葉めあてに行ったのですが、正直あまり期待もしていませんでした^^;
でも紅葉した山を目の前に見ると、やはり「きれい、きれい」と興奮してしまうのです。
池の段と立烏帽子山が見える場所まで来ると・・ほんとうに真っ白な霧でした。何も見えないけれど、近づいてみればつつじが美しく紅葉していました。
f0147858_14141784.jpg
f0147858_14143721.jpg
f0147858_14145079.jpg
f0147858_14264282.jpg

幻想的な写真をと思ったのですが・・・(ノω`)アチャー
晴れた日にまた行きたいと思いました。
by sizeninoti | 2010-10-26 14:17 | 紅葉

比婆山

お天気は雨でしたが紅葉が待ちきれずに撮影に行って来ました。先輩方と庄原の西城町へ行きました。晴れはしませんでしたが、ときどき雨もやんで霧が出て来てそれはそれで美しい紅葉を見ることができました。
標高の高いところから紅葉が始まっていました。池の段、立烏帽子山のつつじも赤く紅葉していました。ブナ林の紅葉もきれいです。
f0147858_21284489.jpg
f0147858_2129583.jpg
f0147858_21291966.jpg
f0147858_21293493.jpg
f0147858_21294610.jpg

とりあえず5枚ほど・・
明日から寒くなるようですね、これで紅葉も進みそうですね。
by sizeninoti | 2010-10-25 21:48 | 紅葉

アメジストセージ

きょうは雨ですね
我が家の庭にあるアメジストセージが今年はとても大きく育って、道路にはみ出して咲いていたので、その部分をカットしてデッキに飾っています。雨が降って水滴もきれいでしたから、夕方ですが写真を撮りました。アメジストセージは、サルビアレウカンサとかメキシカンセージなどの別名があります。でも、アメジストセージはイメージに一番ぴったりでしょうかね。
f0147858_16543595.jpg
f0147858_16545310.jpg
f0147858_1655188.jpg
ミニバラも
f0147858_16425061.jpg
f0147858_1643098.jpg
f0147858_1643788.jpg
花写真を撮るとき、お花が可愛く思えてきます。
もう少し被写体を愛しむ心が表現できるといいです^^
by sizeninoti | 2010-10-24 17:14 |

おとぎの世界から

ここは、広島市安佐北区大林のガラスの里。ロマンチックでしょう?
f0147858_1027418.jpg
水の都、ヴェネチアをイメージしています
f0147858_1027529.jpg
昨夜はこの建物でジャズコンサートが開かれました。
主催したのは可部の主婦たちのグループで、その中のひとりのNさんから地域ブログの方にメールをいただいき、お会いしてお話しを聞いて知ることになりました。
ジャズは父親が時々聴いていたので、大人の音楽って感じでしたが、充分・・私もその年齢に達したわけです。
ひとりでは淋しいので、写真クラブの先輩ふたりとその奥様を誘って行って来ました。
f0147858_1028377.jpg
LAから帰国したプロの演奏で本場のジャズが聴けるとあってお客様はとても多かったです。
これは主催者にとっては最高の喜びでしょうね・・最後のアンコールも2回あって、来年の再会を約束してコンサートは終わりました。素晴らしかったです。感激しました。

その後、もう9時をまわっていたのですが・・
そのままの勢いでカラオケパブ?へ行くことになりました。私は飲めないし、歌わないし・・全然おもしろくない人です。
大人になりきれないわたし^^; 雰囲気を壊さないようにするには、とにかく笑顔しかありません。
大人のお付き合いはなかなか大変ですね。やっぱり、山で写真撮ってる方がいいですわ( ´艸`)
by sizeninoti | 2010-10-23 11:07 | 風景

葉っぱの命

紅葉とは、葉の老化にともなう副作用
今の私は広葉樹の葉っぱに例えると紅葉し始めたところです。「最後の一葉」という小説をご存じでしょうか?人の一生と一枚の葉っぱでは時の流れ方は違っているけれど、良く似ていると思います。
どんなに輝いている人でも、歳をとり、やがて輝きを失いその命は消えていきます。このことは避けられない。
「若い人はいいね」って言っても、自分も若かった・・そして後悔しないように生きてきたはずだけど、ついそんなふうに考えてしまいます。
紅葉し始めた一枚の葉はこれからどう生きていくか、大切だと想う今日この頃です^^
f0147858_18572057.jpg
昨年の10月半ばの吾妻山
f0147858_18572997.jpg
撮影会の下見。
by sizeninoti | 2010-10-21 19:36 | 紅葉

ハーブとアロマテラピー 自然香房ふるここの店主のブログです


by まなめ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る