人気ブログランキング |

<   2014年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

彼岸花

f0147858_21072836.jpg
f0147858_21074633.jpg
f0147858_21081090.jpg
f0147858_21082247.jpg
田んぼの岸に咲いている彼岸花を撮りました。

今年はいつもより、花が少ないそうです。

彼岸花の球根の部分は、有毒だからネズミやモグラが悪さをしないように田んぼの岸に植えられたとも言われていますが

ほんとのところはどうなんでしょう?

今度、田んぼの近くのお地蔵さまに聞いてみましょうかね^^


by sizeninoti | 2014-09-23 21:29 |

だるま太陽

f0147858_16145923.jpg
だるま太陽 太陽の蜃気楼
f0147858_16150960.jpg
こんなにきれいなだるま太陽を見たのは 初めてでした。
2013年10月撮影 
f0147858_16151824.jpg
子供の頃、父がタンカーに乗っていた時に見たという、蜃気楼の島の話し
何度聞いても、どうしてあるはずもない島が見えるのか
父が「道路の路面が濡れたように見えるだろう?それが蜃気楼だ」って、教えてくれたけど
それでも、やっぱり 理解不能(-∀-)

でも、見えるから、見えるんです(笑) いろんな事を教えてくれた父 懐かしい思い出です。

撮影場所:山口県光市

by sizeninoti | 2014-09-21 17:20 | 自然現象

コスモス

先週、下見に行った場所に日花里かめら倶楽部で撮影に行きました^^
あの時はまだコスモスもつぼみが多かったのですが
今日はきれいに咲いていてくれました。
f0147858_21222208.jpg
季節の中では、秋が一番好きです。
そして、花の中で一番すきなのが、コスモス。
f0147858_21241072.jpg
風が吹いていました。
涼しい・・・心も身体も辛かったこの1ヶ月を想いながら、優しくそこに咲いているコスモスを撮影しました。

f0147858_21284332.jpg
f0147858_21285904.jpg
f0147858_21291448.jpg
このコスモスは花びらが筒状です
f0147858_21310488.jpg
龍の頭のような雲と青い空
青い空はいいですね。







by sizeninoti | 2014-09-20 21:33 | 日花里かめら

ホオジロハクセキレイ

f0147858_23120436.jpg
近くの公園にカメラを持って行ってみましたら
ハクセキレイの家族に出会ったのですが
一羽だけがホオジロハクセキレイ
f0147858_23120858.jpg
この子も一緒にいたけど、ハクセキレイの幼鳥です
ホオジロハクセキレイ、珍しいですね^^
f0147858_23121140.jpg
ガラシャ じゃなくて、ヤマガラ
f0147858_23121331.jpg
わが家では、親しみを込めて ガラシャと呼んでいる
f0147858_23121594.jpg
ガラしか合ってないですけどね^^


by sizeninoti | 2014-09-14 23:17

古里

7日だったと思います。
実家の母に逢うため、島根に帰って来ました。
11日に退院しましたが、この時は入院していたので面会をして
帰りに海が見たくなって、大崎鼻灯台に行きました。
f0147858_23475244.jpg
f0147858_23475312.jpg
f0147858_23475563.jpg
f0147858_23475747.jpg
大崎鼻灯台からの眺めです 浅利富士が見えます
f0147858_23475943.jpg
白いパールのタイルがきれいな灯台です。

両手を広げて深呼吸すると
いろんなことから解放されました。

車に戻るまでの間に 現実に引き戻されました。
早く帰って、家の用事をしなくては・・(笑)




by sizeninoti | 2014-09-14 00:00 | 風景

汗と涙の20日間

8月19日の深夜から未明にかけての集中豪雨で、緑井、八木、可部東、三入、桐原、大林などに大規模な土砂災害が発生しました。
20日はパソコン教室でした。延期にするかどうか迷いましたが、会場まで歩いて来れる生徒さんが多いため、決行しました。
安佐北区の方は、あまり報道はされませんでしたが、想像以上の被害を受けて大変な状態でした。
混乱の中、23日に安佐北区災害ボランティアセンターが開設され、泥をかき出すボランティアを募集し始めました。
東日本大震災の時、ボランティアに行きたくても行けなかった人もたくさんいたと思います。
私も直接にはなにもできなかった。
そういう想いがずっと胸にあって、自分にできることをせねば
わたしにできることは、おからだほぐしとか、リフレとかで被災された方の疲れを癒してさしあげること
23日の夜、セラピスト仲間のMちゃんから「ボディケアのできるセラピストでチームを組みませんか?」というメッセージをもらって、すぐに参加することに決めました。
24日に、この事を可部の福祉関係の団体のメーリングリストに書きました。
「セラピストでチームを作りました。
避難所で、被災された方におからだほぐしのボランティアをしたいと思います。
一度ではなく、継続していきたいと思っております。
どうすれば、ボランティアとして避難所に入らせていただけますか
災害ボランティアセンターで受け付けていただけますか
教えてください。」

災害ボランティアセンターに相談に行ったら・・というお返事をいただいたので
あくる日、ボランティアセンターに行きました。
ボランティアセンターは、すごい混雑ぶりでした。顔見知りのセンターの方をみつけて
「ボランティアをしたいので、相談に来ました」と言うと「じゃ、こっちに来てください」と
「センター内の総務の仕事をしてもらいます」ということになってしまいました。

3日間、サロンの仕事をしながらそこで雑用をしました。急ぎの買い物をしたり、ゴミを収集したり、救援物資を受け付けたりしました。
3日目にセンター長が、ほんの少し手が空いた時に、話しを切り出しました。
そうしたら、センター長が「そうですね、私もこれからそういう癒しが必要だと思います。どこかサロンのような場所を置いて、そこで施術をしてもらえるといいですね」と言ってくださいました。

たぶん、他からもすでにその話しが来ていたんだと思います。
8月30日、ボランティアセンターでMちゃんと、この件で主動的に動いてくださっているNPOのKさんとでミーティングを行いました。
さっそく、「大林と三入のサテライト(災害対策本部)に行って地元の役員さんのからだをほぐしてあげてください」ということになりました。
9月1日に「癒し隊」として、ひとりで大林小学校に入りました。初めてなので、勇気がいりました。
ボランティア受付で「災害ボランティアセンターからの依頼で来ました」と言っても、ネームタグに「癒し隊」と書いてあっても、「なにをしに来たの?」という感じでしたが、それは、次々と担当が変わるので、周知できないからしかたのないことでした。
「体育館の中と外では管轄が違うので、外ならいいですよ」ということで、「はい、わかりました」と本部に行きました。
本部の地元のおじさんたちは、「それなら体育館の中に入ってくれ」と言ってくださり、避難所に設置された段ボールのベットで施術しました。 
避難所はエアコンもなくて、蒸し暑くて、今までに出たことがない多量の汗が額や背中から吹き出しましたが、7人の方に施術して帰りました。
9月6日に三入のサテライトにも行きました。こちらは、公園でテント村のような状況でした。
ボランティアの受け付けがあり、道具運びや、道案内など、本部役員の方は忙しい時間帯でしたから「今忙しいから、ちょっと待って」と言われて椅子を用意していただきましたが、皆さんがお忙しくされている中、自分だけ座ってなんていられない状況でした。
2時間待って、11時頃から4時くらいまでの間に、7人の方の肩と背中をほぐしました。
椅子に座った状態でしかできなかったので、できる範囲でしか施術はできません。それでも、お孫さんのお話しを聞かせてくださったり、身体の不調を話してくださったり、少しでも被災された方の心に沿えたらと、一生懸命でした。
9月9日に、被災された地区の集会所で、ついにおからだほぐしのサロンが開設されました。安佐北区や近隣のセラピストが交代で、施術をおこなっていきます。
初日、可部東6丁目の新建集会所で、10時から、お昼前まで5人の方に施術をさせていただきました。
集会所はボランティアさんたちの休憩所になっていたので、奥の和室に施術ベットを置いてもらって、照明を少し落として落ち着ける感じにしました。
初日の朝、集会所への道を間違って、ひとつ手前の道を曲がったら、土砂崩れが酷かった場所に出てしまい・・茫然と立ち止まって見る事しかできませんでした。

初日から11日の今日まで、3日間の午前中の2時間がわたしの活動時間でした。
私も仕事やイベント参加や、自宅リフォームのための荷物の整理などをしなくてはいけないことがたくさんあるため、3日間連続で参加させていただき、次の参加は25日の予定です。

今日で、新建集会所でのわたしの活動は最後になりました。
午後から、交代の方が来られるので、いつものように「また来ます!ありがとうございました」と言って帰りました。
3日間、通ったので施術させていただいた方が15人、それぞれのお顔を思い出し、心で挨拶しながら帰り道・・
ふいに涙が溢れだして止まりませんでした。
なにもかも流されたんよ..と話してくれたおばあちゃま、元気を出して長生きしてください!言えなかったけど
被災地のいろいろな状況を見聞きしても、感情的にならないように、ただ自分にできる限りの最高の「癒し」の時間をと
ただ、それだけでした。

この癒し隊の活動に誘ってくれたMちゃんの行動力!素晴らしい。
「させてもらえるかどうかもよくわからんけど、頭で考えてばかりだと何もすすまないから、とにかく実際に行ってみようと思いました」彼女の言葉、友達がいる福島に行けなかった自分が重なりました。

最後まで読んでいただき ありがとうございました。
これからも、自分にできることで、ボランティアをさせていただこうと思います。



by sizeninoti | 2014-09-11 14:56

元気にしています

いつもありがとうございます。
ブログの更新は止まっていますが、元気です。
仕事やボランティアで少しバタバタしています。
落ち着いたらまた、お会いしましょう^^

また、覗いてみてくださいね。

まなめ

by sizeninoti | 2014-09-03 12:23

ハーブとアロマテラピー 自然香房ふるここの店主のブログです


by まなめ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る